Sputnik

Jast a Traveler

アッパーくらうのと、置いてきぼりにされるのと

久しぶりにアッパーくらいました。 20代の頃に仕事ですごくお世話になった人です。 新人でまだ仕事が全然出来なかった頃、根気強く育ててくれた親世代に近い先輩の一人でした。 私が引っ越した後もずっと連絡を欠かさないでいてくれて、時々思い出したよう…

幸せの権利と価値観。双極性障害の人は幸せにはなれないの?

I have decided to be HAPPY, because it is good for my health... ネットを旅していると、いろんな言葉が意図せず目に飛び込んできます。そんな意図せず目に飛び込んできた、ある言葉について立ち止まり考えてみました。 私は誰にでも幸せになる権利はある…

Kindle本を出版しました

絵・俵たけし (Dubrovnik/クロアチア) 本日、アマゾンから当事者の視点で伝えたい「双極性障害のコトいろいろ」というKinde本を出版しました。 双極性障害のコトいろいろ この本では「双極性障害のコトいろいろ」という、このブログの前身にあたるスペースで…

母の日参り

おばあちゃんこの前ね、大人になって初めてお父さんと電話で話したんだよ、ビックリでしょ?その時におばあちゃんが亡くなってたことを知ったの。私が中学生の時にお父さんもおばあちゃんも家を出てしまったから、味方になってくれる人がいなくなって、あの…

会いたい人には会いに行く

宅急便が届いた。 本当は昨日新宿で会う約束をしていたのだけど、コロナウイルスが心配だと言って私から断っていた。 Tさんはマスクやティッシュや絵や何やらたくさんのものを持って来ようとしていたみたいだった。私が会うのを断ったので、それでもとわざわ…

心が支持するなら

さっきまで昔のブログを読んでいました。 今は公開していないけれど、もう15年以上前からブログを書き続けています。 始めたきっかけは、社会からドロップアウトしたこと、うつ状態と診断されて休職して退職して、もぬけの殻のようになっていた頃、新聞で7…

無意識のストーリー(1) 切なくて希望のある不本意な夢

毎日いくつかの夢を見ている。朝方に見るからなんだと思う、しばらく覚えていられるのは。 半年くらい前からだろうか、前日に思い浮かんだり考えたりしたことが、翌朝には別の物語となって夢で再現されるようになった。 夢は脳が記憶を処理する為の機能だと…

先輩社員のミサキちゃん 〜しごとの思い出〜

転職nendo×はてなブログ 特別お題キャンペーン #しごとの思い出

頭の中が忙しい

いつも頭の中が忙しい。 やらなきゃいけないことでいっぱいいっぱい。 今日こそはやらなきゃいけないことマップを作ろうと思い、ノートを持ってリビングに座る。 「あ、今日は天気がいいな、出かけようかな」 「ん、でもまず新聞読んで」 「メール見ないと」…

きのう まとまらない人

どうしてなんだろう。 私にはふたつ(もしかしたらそれ以上)の自分がいて、一人はひとつのことにハマったら寝食を忘れてひたすら打ち込む自分、もう一人はひとつのことをしているとすぐに別なことが気になり出して、そっちに気を取られていると今度はまた別の…

いなくなりたくなくなるには

いつのことだったかなあ。 苦しくて家族に迷惑をかけるからいなくなりたくて、誰にも話せなくて普通じゃない感じの孤独感がたちこめて、それを外に出す場所がないものだから代わりに人前で涙が溢れちゃって、目頭のいっぱいいっぱいまで出かかっている涙を必…

繋がらない電話と繋がるいのち

去年の目標は「社会と接点を持つ」だったから、カウンセリング受けたりデイケアに通ってみたりして、いろんな人たちと繋がったはずだし、身近に話せる人が全然いない訳ではなかった。なのに数週間前の私は身体中に漂っている孤独感をすっかりコントロール出…

あだ名は神

先生の顔を見るとほっとする。 こんなのは初めてだ。精神科では初めてだ。 ココロをエグるような言葉や態度を見せない(今のところ) それどころかこちらに笑顔を見せてくれる。 受付の人もやさしい。 嘘みたい、精神科医にもこんなに良い人がいるなんて知らな…

孤独のアクアリウム

秋ごろから続いてた大きな不安感を、もう自分一人で抱えることが難しくなっていて、でも苦しいことを話せる人が誰もいないことが問題をさらに増幅させていた。 話せない、そぶりも見せられない。でももういっぱいいっぱいで、苦しくて、でも笑っていないと症…

身体は大切に使うと長持ちします

月に一度ヨガに通っています。 今までずっと運動らしきものをしておらず、何から始めて良いのか分からないでいたところ、偶然よく行く場所の近くにヨガ教室があることを知り、怖々行ってみたら案外良かった、というわけです。 月イチだとあんまり効果ないん…

まだまだ歩いて行かなくちゃ

去年は本当にいろいろありましたが、一方で少し前進した年でもありました。 いくつかの場所へ顔を出し、幾人かの人と知り合いになりました。 苦しんでいる人が世の中にはたくさんいるんだなあ、ということを知りました。 世の中には良い人もたくさんいるんだ…

魔法の靴を探して

通院ストレスが緩和されるかも知れません。 転院することになりました。 けれどどこの病院にするかはさっぱり分かりません。何しろ精神科は怪しいクリニックもウヨウヨしてますし...恐ろしくて気軽にどこでも門を叩く訳にはいかないのです。 今までは紹介さ…

泳げない人魚

わたしにとって社会は「プール」です。 しかも結構深いです。 玄関から足を一歩踏み出すとそこはプール、だからまず最初に深呼吸をしてから一歩踏み出します。 水はだいたい口の半分くらいまであるので、水が口に入らないように一生懸命身体を浮き上がらせて…

身体の症状を表現する日本語は少ないのか。

少し寒くなってきたけれど日中は暖かな日差しが差し込んでいて、今日は午後から散歩をしたり観葉植物の手入れをしたりしながら過ごしました。 本当は人に会う約束をしていたのだけれど、朝のふらつきと抑うつ感で準備が全然出来なくて、仕方なくキャンセルし…

あうんのスシロー

最寄駅の近くにスシローがオープンしてからというもの、月イチで寿司を食べるのがいつの間にか定着している。 何日とか何曜日とか決まりはなくて、ただなんとなく夕方に 「今日はスシローにするかぁ……」 と思うよりもスレスレ先に、向こうから 「今日の夜、スシ…

幸せではないが、もういい

今年もノーベル賞発表の時期がやってきました。 ノーベル文学賞は今回は日本人の受賞はなりませんでしたが、毎年どんな人が受賞するのだろうと興味を持って見ています。 受賞者の名前が発表になると、いつもすぐに図書館のホームページを開いて名前を検索し…

アルジャーノンに花束を。

昨夕、静かに読み終えた。 心が動揺しないように、静かに。 この本は人から渡されたもので、タイトルは知っていたけれども内容は全く無知だった。 確か80年代の終わり頃、あるアーティストが出したアルバムのタイトルがこのタイトルと同じアルジャーノンと…

それでいいのか? 〜 東畑開人「居るのはつらいよ」

この夏わたしは精神科デイケアというものと繋がった。 こういうものがあるらしいというのは知っていたけれど、わたしが思っていたものとは少し違っていた。 わたしが頭の中で思っていた精神科デイケアとは、同じメンバーが毎朝やって来て、挨拶と体操をして…

松尾芭蕉「奥の細道」に思いを馳せて。

月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也。 舟の上に生涯を浮べ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。 予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊のおもひやまず、海浜にさすらへて、去年の…

ギンレイホールとわたし

ギンレイホールとの出会い ある日夜ごはんをどこかで食べようと飯田橋駅周辺をふらふらと歩いていると、遠くに行列が見えました。 「ここ何屋さんなんだろう、とりあえず並ぶか」 と、なんの行列かも分からないまま、きっと美味しいお店なんだろうと勝手に想…

夏を乗せて走るインド鉄道

インドの旅は1年中いつ訪れても、遠い真夏の思い出として鮮やかに心に焼きつきます。 たとえ日本を真冬に旅立とうと「そんなことはインドには関係ないよ」と、強烈な日差しが強引に主張しているようです。 広大なインドに張り巡らされた線路の上を駆けめぐ…

他者のために祈る五体投地

少し前になりますが、私は天空列車といわれる青蔵鉄道に乗ってチベットへ入境したことがあります。 東京ーラサ間は、直線距離で4500km。 新宿から高速バスとフェリー、そして青蔵鉄道を利用して1週間かけてそこへ辿り着きました。 当時はまだ旅慣れてい…

最初の1歩を踏み出せば、半分成功したようなもの

年明けのある休日、混雑したバスの中で、二人の年配の男性が会話をしていました。 年を取った人達も、もっと社会参加しよう、というような内容でした。 一人の方は自分の興味のある講座に8年も通っているそうで、教育や社会のあり方に関心を持ち、それを熱…

死と使命「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ

普段犬の散歩をしていると、そういえばいつも会うはずのワンちゃんを最近見かけないなと、気付くことがある。 年とともに一匹一匹フェードアウトするようにいなくなっていく。そのたびに「ああそっか」と納得する。 「ああそっか、もう死んじゃったんだ。せ…

高額紙幣廃止後のインドの混乱の中で、旅行者が辿ったことの顛末。

新紙幣2000ルピー札 インドへ出発する少し前、気になるニュースが目に飛び込んできました。 「4時間後に紙幣が使えなくなります」インド首相が突然発表 なぜ? インドのモディ首相は11月8日午後8時(現地時間)にテレビで演説し、現在流通している高額紙…