Sputnik

Jast a Traveler

無意識のストーリー

無意識のストーリー(1) 切なくて希望のある不本意な夢

毎日いくつかの夢を見ている。朝方に見るからなんだと思う、しばらく覚えていられるのは。 半年くらい前からだろうか、前日に思い浮かんだり考えたりしたことが、翌朝には別の物語となって夢で再現されるようになった。 夢は脳が記憶を処理する為の機能だと…